2013年11月 オフ・ブロードウェイ・ミュージカル『ディア・エドウィナ』

edwina2013_flyer

Tokyo Theatre Place Presents

オフ・ブロードウェイ・ミュージカル

ディア・エドウィナ

-Off-Broadway Musical Dear Edwina-

Book and Lyrics by Marcy Heisler

byMusic by Zina Goldrich

独創性がキラリと光る傑作
-New York Times-

まるで宝石箱! Dear Edwinaは必見!
-Time Out Kids-

ハッピーなほどワンダフル!
-Variety-

ハッとするほどユーモアたっぷり! このハッピーなミュージカルを見れば、みんなノリノリ!
-Backstage-

2013年11月14日(木)~17日(日)
上野ストアハウス

イントロダクション

悩める仲間はここに集まれ!

アメリカのミシガン州パウパウ。
とある家のガレージで、今まさにショーが幕を開けようとしています。
11歳の天才アドバイザー・エドウィナと、その仲間達が繰り広げるアドバイス・ミュージカルです。
正しいマナーや挨拶の大切さ、そしてお金の貯め方に至るまで、次々にアドバイスをするエドウィナですが、その胸の中には大きな夢がありました。

『私もマイロン兄さん達のように、うちの冷蔵庫の扉を飾る勲章がほしい!』

奇しくも、史上最大のアドバイス・コンテスト『カラマズ・フェスティバル』の出場枠に空きが出て、その座を必死に狙うエドウィナ。
果たして、エドウィナはコンテストに出場できるのでしょうか?
そして、その先に見えてきた本当に大切なものとは?

2008年~2011年にニューヨークのDR2シアターで上演された『ディア・エドウィナ』は、 その個性豊かで心に訴えるナンバーの チャーミングな登場人物達の心の成長が、観る者を清々しい気持ちにさせてくれる、大人も子供も楽しめるミュージカルです

Hola, Lola

Put It In The Piggy

【公演ブログ】http://dearedwina2013.ttpshows.jp

作者について

マーシー・ハイスラー(台本・詞)
Book and Lyrics by Marcy Heisler

ジーナ・ゴールドリッチ氏と共に、2009年フレッド・エッブ・ミュージカル作曲賞を受賞。同年、『Dear Edwina』での優れた作詞がドラマ・デスク賞に、さらに『Junie B. Jones』での作詞がルシール・ローテル賞にそれぞれノミネートされている。他にゴールドリッチ氏とタッグを組んだ作品として、『Allison Under the Stars』、『Adventures in Love』、そして全米とカナダでツアーを行った『Marcy and Zina Show』がある。ハイスラー氏は、作詞家として多くのディズニー作品にも楽曲を提供しており、代表作に『Johnny and the Sprites』、『Pooh’s Learning Adventures』、『D Show』などがある。また改作者として、子どもミュージカル『101匹わんちゃん』や『シンデレラ』、『眠れる森の美女』、そして舞台版『ジャングル・ブック』の再編にも携わった他、Ringling Brothers Barnum and Baileyサーカスの137作目となる作品では、作曲家マイケル・ピクトン氏と手を組んで作曲をした。ハイスラー氏は1993年から作曲家ジーナ・ゴールドリッチ氏と組むようになり、ASCAP’S Richard Rodgers New Horizons賞や、Seldes-Kanin Fellowshipの助成金などを獲得している。

ジーナ・ゴールドリッチ(音楽)
Music by Zina Goldrich

マーシー・ハイスラー氏と共に、2009年フレッド・エッブ・ミュージカル作曲賞を受賞。さらに同年、DR2シアターで上演された『Dear Edwina』の作曲でドラマ・デスク最優秀音楽賞にノミネートされた。同氏は『Junie B. Jones』の作曲も手がけており、この作品はオフ・ブロードウェイのTheatre Works USAにて3度の興行を成功させており、ルシール・ローテル賞に2回ノミネートされている。他に作曲を手がけた作品として、『Ever After』、『Allison Under the Stars』、『Adventures in Love』がある。また、『Johnny and the Sprites』や『Pooh’s Learning Adventures』の作曲も担当し、ウォルト・ディズニー・フィーチャー・アニメーション社の作曲スタッフとしての経暦を持つ。同氏は南カリフォルニア大学において、ジェリー・ゴールドスミス氏のもと、映画音楽やテレビ番組のための作曲を学んだ。ゴールドリッチ氏は新進気鋭のミュージカル作曲家に送られるASCAP’S Richard Rodgers New Horizons賞を受賞し、その他Seldes-Kanin FellowshipやJonathan Larson Grantsなど数多くの助成金も獲得している。ブロードウェイでは『Avenue Q』、『Bombey Dreams』、『Oklahoma』、『Titanic』でキーボードを担当し、『Titanic』においては指揮も担当した。近年では、Nickelodeon『Wonderpets』やBBC『Third and Birds』の作曲も手がけている。

※オフィシャルサイト:http://www.marcyandzina.com

お客様の感想(公演アンケートより)

  • なんだか自然と涙が溢れてきました(女性・会社員)
  • キーボードとドラムだけでこんなに音楽が豊かになんて(不明)
  • わお!泣いてしまった…!びっくり。
    ささやかな、くだらない悩みに心動かされた。(30代男性)
  • とっても素敵なミュージカルですね!すごく気に入りました。
    この演目を知ることができて良かったです。(女性)
  • ぐっときてしましました。学校でみせたいくらいです。
    観客を飽きさせない演出の間すごいなー。(女性・教職員)
  • 何か、もう少し見ていたい…そんな気分にさせてもらい幸せなひと時でした。
    とっても、あたたかい気持ちで帰れます。(女性)

キャスト

エドウィナ:高橋和/堀祐子/望月藍子
ビリー:直井正和
ケリー:海出彩菜/中野彩美/南條さゆり
ボビー:斎藤信吾/松本翔
アニー:小笠原朱夏/金井日香里/榊原千紘
スコット:植木達也/原島健三朗/松戸拓麻
ジョー(ピアノ):金庭由季
マイロン(ドラム):印南俊太朗

オリジナル・スタッフ

台本・詞:マーシー・ハイスラー
音楽:ジーナ・ゴールドリッチ

日本語版上演スタッフ

演出:竹上悟史
振付:anna
翻訳・訳詞:小島良太
翻訳・訳詞補・演出助手:長島祥
照明:横幕絵美(満平舎)
照明操作:和田典夫(満平舎)/吉川千晶
音響:小沢高史
舞台監督:古屋治男
舞台監督助手:関口敦史/加田琢也
制作補佐:海老沼良和/三谷ひかり/三谷まりな/嶋田翔平
衣装製作:蔵持恵子
宣伝美術:福田陽子
企画・製作:東京シアタープレイス

Dear Edwina
Is presented through special arrangement with Music Theatre International (MTI).
All authorized performance materials are also supplied by MTI.
421 West 54th Street, New York, NY 10019
Phone: 212-541-4684 Fax: 212-397-4684
www.MTIShows.com

本公演はMusic Theatre International社のライセンス許諾により上演いたしました。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Tokyo Theatre Place All Rights Reserved.